社説:ギャンブル依存症 政府の対策では不十分


遊技日本
社説:ギャンブル依存症 政府の対策では不十分
秋田魁新報
各公営ギャンブルとパチンコ・パチスロが共通して取り組むとしたのが「本人・家族申告によるアクセス制限」と、相談体制の強化だ。競馬の場合、本人申告による競馬場および場外馬券場への入場制限が、地方競馬で今年4月から、日本中央競馬会では7月から実施されている。
POKKA吉田氏が“規則改正”を解説遊技日本 (プレスリリース)

all 2 news articles »

コメント

タイトルとURLをコピーしました