【いのちの値段】地域をつなぐ(6)居場所を育む「村」開く – 読売新聞


読売新聞

【いのちの値段】地域をつなぐ(6)居場所を育む「村」開く
読売新聞
収支はトントン」だ。 町野さんは、圧延機のオペレーターを40年間、務めた。1200度に熱した鋼材を最善の状態で切断する。寡黙な職人だった。60歳の定年退職後は、やることがなく、パチンコ店に通いつめた。1年間、開店から閉店まで、多い日で10万円使う。退職金もつぎこん ...

コメント